中古ピアノ 下取りにだす方法

ピアノは重量のあるものです

高額で手に入れたピアノ、丁寧に使ってきたのに
売却しようと見積もりしてみたら、思ったより低い値段になってびっくり・・・
そんな話もしばしば聞きます。

 

そして、思ったより低い値段になるのは、
配送などに費用がかかるからという側面もあると思います。

 

売却するのが遅くなるほど見積価格もダウンすることだし、引越しの際に売るのは妥当とも言えます。

 

ピアノは家具よりとても重量があるものだし、
楽器なので乱暴に扱うと音にも関係してくるので
梱包もしっかりしないといけないし、丁寧な扱いが必要になります。

 

なので、高額になるのはある意味当たり前かも知れません。

 

一般的なおうちにあるアップライトピアノは、30年ぐらい経ると
大抵値段がつかなくなってしまいます。

 

でも、グランドピアノは少しの傷があっても、
年代物でも、名の知れたメーカーのものならかなりの値段で売却できるのだそうです。

 

グランドピアノはもとよりすごく高品質なもので、
大きさが大きい分響きがよくていい音なので、人気もあるんですよね。

 

しょっちゅう弾いていて部品の消耗が激しいようなら
買取額は下がることもあるようですが、
中には購入した値段より高く買い取ってもらえたなんて話もあるぐらいです。

 

残念ながら、ピアノの買取では、
高額で手に入れたものが高額で処分できるわけではないんですよね。
値段がつかないものだと、処分するのに反対に費用がかかったりしますしね。
引越しを機にピアノを処分する方、たくさんいるようです。

 

ピアノは重量のあるものですから、単独では運べませんし、
傷にならないように移動させる前には梱包も必要です。

 

引越しをしようとしても、
引越し業者ではピアノは移動させてくれないという会社も存在するですね。

 

仮にそのピアノをもう弾く予定がないのなら、
特別にお金を使って新居まで持っていくのもお金の無駄遣いとも言えます。

 

 

そのときは、どうしても配送してもらいたいなら、別の運送会社にお願いしないとしょうがなくなります。
動かしてくれたとしても、追加費用がかかって、それがとても高額なこともあります。
さらに、ピアノは弾きこみをしっかりしないと、
もとよりの能力がきちんと出ません。
その点、グランドピアノを持っているぐらいなら
かなりのピアノ愛好家と考えられますから、信用できる品と考えられます。

 

年代物でも、売却しようと決めた時点で人気のあるものだったり、

 

 

どこかの人が買いたいと思うものでなければ値段がつかないわけで、
要するに需要と供給の話になります。
その前に欲しいという人がいるものだったら、予想外の高値で売れたりもします。